誕生日プレゼントに食べ物という選択肢

誕生日プレゼントは永遠に解決しない悩みです。
自分の好みではなく、相手の好みに合わせる必要があるからです。
気に入ってくれなかったら、せっかく贈っても意味がありませんよね。
そんな中、多くの人から選ばれているのが、食べ物を送るという選択肢。
誕生日プレゼントに食料品を贈るというのは、もらう側としてどうなのでしょうか?


誕生日プレゼントとしてはピンキリがある

先ほども言いましたが、贈り物をする上で重要なのは「相手に喜んでもらえるかどうか」です。
食べ物は人によってかなり好き嫌いが分かれるものですから、ちゃんと相手の好みを把握していなければなりません。
たとえば、甘いものが好きか嫌いかくらいは絶対に知っておかなければなりません。
もし好きならそのまま贈るのもいいですが、嫌いならば塩気のあるものにしましょう。
スイーツが嫌いな人に甘いお菓子を贈ってしまったというのはよくある話ですが、その人にとってはかなり迷惑なことです。
何でも贈ればいいというわけではないので気をつけましょう。


持ちがいいものを選ぶべき

そして大事なのが、賞味・消費期限が長いものを選ぶということです。
期限が短いものを贈ってしまった場合、あちら側で消費しきれずに結局捨ててしまうということもあり得ますので十分注意しましょう。
不安なら、食べ物と引き換えできるギフト券などを贈るといいかもしれません。
とにかく、相手に喜んでもらえるような誕生日プレゼントを選んでくださいね。